【運転免許事典】 運転経歴証明書 目次


運転経歴証明書

申請により免許の全部について取消しを受け、他の種類の免許を受けなかった人は、『運転経歴証明書』(運転免許経歴証明書とは異なります)の交付を受けることができます。

申請取消しについては、『申請による免許の取消し』のページを参照してください。

『運転経歴証明書』は申請による取消しを受けた日前5年間の運転に関する経歴等について表示する書面です。
運転免許証は身分証明書としての役割も果たしているので、免許を失うと不便なこともあります。そのため、申請によって免許の取消しを受け、免許証を失った人に対し本人の希望があれば、免許証の代わりとして『運転経歴証明書』が交付されます。
『運転経歴証明書』の交付申請は免許が取り消されてから5年以内であれば、することができます。
『運転経歴証明書』には有効期限がないため、更新の手続きがありません。
『運転経歴証明書』に関する手続きは、住所地の都道府県でしなければなりません。

また、『運転経歴証明書』は平成24年4月1日に新様式に切り替わり新制度となったことから、平成24年3月31日以前に交付された旧様式のものと、平成24年4月1日以降に交付された新様式のものでは扱いが異なっています。




『運転経歴証明書』の再交付

再交付されると、『運転経歴証明書』の写真がその時の新しいものに替わります。

1、新様式の『運転経歴証明書』を受けた人。(平成24年4月1日以降に交付されたもの)

『運転経歴証明書』を無くしてしまった場合や滅失・汚損・破損した場合には、再交付の申請をすることができます。

2、旧様式の『運転経歴証明書』を受けた人。(平成24年3月31日以前に交付されたもの)

旧『運転経歴証明書』を持っていて、その記載内容を判読できる場合には再交付を申請することにより旧様式のものと引き換えに新様式の『運転経歴証明書』に切り替えることができます。
旧『運転経歴証明書』を無くしてしまった場合や、持っていても汚損・破損により記載内容を判読できない場合には再交付の申請をすることができないため、新様式のものに切り替えることはできません。



『運転経歴証明書』の記載内容変更の届出

(1)新様式の『運転経歴証明書』を受けた人。(平成24年4月1日以降に交付されたもの)

住所又は氏名に変更を生じたときは、速やかに届け出て変更事項の記載を受けなければなりません。
変更の届出は『速やかに』と規定されているだけで、何カ月以内というような期限の設定はありません。

(2)旧様式の『運転経歴証明書』を受けた人。(平成24年3月31日以前に交付されたもの)

『運転経歴証明書』の記載内容に変更が生じても、届出の義務はありません。
新様式の『運転経歴証明書』に切り替えた後は届出の義務が発生しますので、住所又は氏名に変更が生じたときは届け出なければならなくなります。



『運転経歴証明書』の返納

(1)新様式の『運転経歴証明書』を受けた人。(平成24年4月1日以降に交付されたもの)

1、 新たに運転免許を取得したときは『運転経歴証明書』を返納しなければなりません。
2、 『運転経歴証明書』の再交付を受けた後に無くした『運転経歴証明書』を見つけたときは、見つけた古い『運転経歴証明書』を速やかに返納しなければなりません。

(2)旧様式の『運転経歴証明書』を受けた人。(平成24年3月31日以前に交付されたもの)

再交付により新様式の『運転経歴証明書』に切り替えた後に、無くした旧様式の『運転経歴証明書』を見つけたときは、見つけた旧様式の『運転経歴証明書』を速やかに返納しなければなりません。
旧様式の場合、新たに運転免許を取得したときには『運転経歴証明書』の返納義務はありませんが、新様式の『運転経歴証明書』に切り替えた後に新たに運転免許を取得したときには、新様式のものについて返納義務が発生します。




トップページへ戻る