【運転免許事典】 
5t限定免許(旧普通免許)について 目次


5t限定免許(旧普通免許)について

平成29年3月12日に準中型第一種免許・準中型仮免許が新設されました。
(準中型免許に第二種免許はありません。)
準中型免許新設後は、平成19年6月2日以降平成29年3月11日以前に取得した旧普通第一種免許(AT限定免許を含む)は5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)とみなされ、旧普通第二種免許(AT限定免許を含む)は5t限定中型第二種免許(AT限定免許を含む)とみなされることになりました。

旧免許証については、特に手続きをする必要はありません。そのままの免許証で新制度による免許証とみなされます。


運転できる自動車の範囲

5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)・5t限定中型第二種免許(AT限定免許を含む)で運転できる自動車の範囲は、既得権が保護されるため、準中型免許新設前と同じで次の通りです。

  • 車両総重量が5トン未満で、最大積載量が3トン未満の貨物車
  • 車両総重量が5トン未満で、乗車定員が10人以下の乗用車





免許証更新時に行われる適正検査の合格基準

5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)を受けている人が免許証更新時に受ける適性検査の合格基準は、旧普通第一種免許(AT限定免許を含む)を取得したときの適性試験の合格基準と同じで次の通りです。
  • 視力が両眼で0.7以上で、かつ一眼でそれぞれ左右が0.3以上(眼鏡等使用可)
  • 深視力検査はありません。

失効手続きの時に行われる適正試験の合格基準

5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)を失効した人が、失効手続きによって5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)を受け直すときに行われる適性試験の合格基準は、旧普通第一種免許(AT限定免許を含む)を取得したときと同じで次の通りです。

  • 視力が両眼で0.7以上で、かつ一眼でそれぞれ左右が0.3以上(眼鏡等使用可)
  • 深視力試験はありません。

初心運転者期間と再試験

平成19年6月2日以降平成29年3月11日以前に取得した旧普通第一種免許(AT限定免許を含む)は、平成29年3月12日の改正道路交通法施行後は5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)とみなされることになっていますが、改正道路交通法施行後も引き続き、旧普通第一種免許取得後の期間が通算して1年間(免許の効力が停止されていた期間を除く)は旧普通第一種免許についての初心運転者期間とされ再試験の対象になります。


5t限定の解除について

5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)の5t限定を平成29年3月12日以降に解除して、限定のない準中型第一種免許にすると、再び5t限定準中型第一種免許に戻すことができなくなります。

5t限定が解除されるのは、限定解除審査に合格した場合と上位免許を取得した場合です。

たとえば5t限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)を受けている人が、平成29年3月12日以降に5t限定の限定解除審査に合格した場合や、上位免許(中型第一種免許・中型第二種免許・大型第一種免許・大型第二種免許)を取得した場合には5t限定が解除されます。その後、将来の免許証更新の時に行われる適性検査で、深視力検査に不合格の場合には、5t限定準中型第一種免許に戻ることはできないため、新制度による普通第一種免許(車両総重量3.5トン未満)になってしまいます。

また、5トン限定準中型第一種免許(AT限定免許を含む)の5トン限定を解除し限定のない準中型第一種免許になった場合には、限定解除の日から通算して1年間(免許の効力が停止されていた期間を除く)は準中型第一種免許についての初心運転者期間となり、再試験の対象となります。
ただし、この旧普通免許を取得してからの期間(免許の効力が停止されていた期間を除く)が通算して2年以上経過した後に限定解除を受けた場合には、この規定は適用されず準中型第一種免許についての初心運転者期間とはなりません。


5t限定準中型第一種免許・5t限定中型第二種免許の限定解除審査については『限定解除』のページを参照してください。





トップページへ戻る